GIS

GIS(地理情報システム)

 主にArcGis、Mapinfoをベースに自社開発したシステムを使い業務を進めています。
 自社開発することにより、作業者の「もっとこうしたら楽になる」という要望に応えることができるため、効率良い作業が行えます。
 アイデアと、それを実現する技術力を大切にしています。
 汎用ソフトとデータ連携できるので、幅広くデータを活用できます。
 ・DDE通信によるOffice製品(Access、Excel)との連動。
 ・HotLink、KMLによるGoogle MapやGoogle Earthとの連動。
 ・shapefile、マイクロステーション、DXFなどのインポートとエクスポート。

Android Studio

 Android Studioにて、現場調査用のAndroidアプリの開発も行っています。
 ・GPS座標付きの写真撮影。
 ・紙を使わず、タブレットで現場調査結果入力。
 これにより、現場から会社に帰ってきてからの「現場で記入した紙を見ながらパソコンにデータ入力する」という作業が無くなるので、劇的に作業効率が上がります。
 現場でアプリに入力および写真撮影したら、その場でデータベース「データベースは主にSQLiteを使用しています。(小規模なデータ入力はPreferenceに保存)」が出来上がるので、現場から会社に帰ってきたら、パソコンにデータをコピーするだけで完了です。
 自社開発アプリを使用するため、ライセンス料を気にせず何台でもインストールして使用できます。また、個人所有のスマートフォンにもインストールできるので、大人数による大規模調査にさらに効果を発揮します。

GIS_img_03

マップベーシック

 Mapinfoをさらに便利に使うにはMapBasicが欠かせません。
 簡単なコーディングでMapinfoを拡張カスタマイズすることができます。
 例えばマップの縮尺を変更するメニューバーを作るには下記の様にコーディングします。
 Basicライクでとってもわかりやすく、日本語リファレンスも充実しているので、これからプログラムを勉強する方の教材としても最適です。
 MapBasic開発ソフトは ピツニーボウズジャパン株式会社 様より無料でダウンロードできますので、ぜひ触れてみてください。
 http://www.mapinfo.jp/location/integration.html

‘——————————————————————————————
‘■■■インクルード■■■
Include “MAPBASIC.DEF”
Include “MENU.DEF”
‘Include “ICONS.DEF”

‘——————————————————————————————
‘■■■宣言■■■
Declare Sub Main
Declare Sub Syukusyaku

‘——————————————————————————————
‘■■■メイン■■■
Sub Main

    ’■縮尺メニュー作成
    Create Menu “ズーム[&Z]” As
        ”1:100″       ID 301 Calling Syukusyaku,
        ”1:250″       ID 302 Calling Syukusyaku,
        ”1:500″       ID 303 Calling Syukusyaku,
        ”1:1000″     ID 304 Calling Syukusyaku,
        ”1:2500″     ID 305 Calling Syukusyaku
    Alter Menu Bar Add “ズーム[&Z]”

End Sub

‘——————————————————————————————
‘■■■縮尺を変更する■■■
Sub Syukusyaku

    Dim myMenuID As Integer

    ’■ウィンドウ有無判定
    If NumWindows() = 0 Then
        Note “ウィンドウが開かれていません。”
        Exit Sub
    End If

    ’■マップウィンドウがフロントの時にしか作動させない
    If WindowInfo(FrontWindow(),WIN_INFO_TYPE) <> WIN_MAPPER Then
        Note “マップウィンドウを最前面にして下さい。”
        Exit Sub
    End If

    ’■メニューIDを取得
    myMenuID = CommandInfo(CMD_INFO_MENUITEM)

    ’■縮尺指定
    Do Case myMenuID
        Case 301
            Set Map Scale 1 Units “cm” For 1 Units “m”
        Case 302
            Set Map Scale 1 Units “cm” For 2.5 Units “m”
        Case 303
            Set Map Scale 1 Units “cm” For 5 Units “m”
        Case 304
            Set Map Scale 1 Units “cm” For 10 Units “m”
        Case 305
            Set Map Scale 1 Units “cm” For 25 Units “m”
    End Case

End Sub

マップ回転

 MapBasicで開発したMapinfo用のプログラム(マップ回転.MBX)です。
 ・地図を自由に回転させることができます。
 ・マップにドラッグ&ドロップするだけでプログラムが作動します。
 ・マップ座標をアフィン変換して回転処理を行います。
 ・マップ座標を一時的に変換するだけで、データ自体には何の影響も与えないので安心です。
  (プログラムを終了させると回転が解除されて地図が元に戻ります)
 ・ラスターレイヤーが混在したマップも回転させることができます。
 現在当社はフリーウェアとして公開していますので、ぜひ使ってみてください。

GIS_img_05
GIS_img_06GIS_img_07

ダウンロードはこちら

使用許諾
 本プログラムを使用したことによるコンピューターの故障、その他あらゆる損害・損失(商業的損害・損失を含む)などを含め一切責任を負いません。
 また、本契約において特に定める場合を除き、他の第三者に対し、本プログラムの使用権を譲渡し、または再使用を許諾するなどにより、本プログラムを使用させることはできません。

著作権
 本プログラムはフリーウェアですが、一切の著作権は開発者に帰属します。
 その他一切の権利は、各内容ごとにそれぞれの権利者に帰属するものであって、これらの権利は該当する著作権および条約によって保護されています。